闇幻獣の六星占術

六星占術


六星占術とは何か

古代中国の占いの書物を易経といいます。古代中国人は人間の運命が自然のリズムに支配されているのではないか、何か法則があるのではないかと考えていました。そして彼らは、自然界の法則を究明するために努力し膨大なデータをまとめあげました。そうやって誕生した人間の本質や実態を知る易学を基本として、誰でも簡単に理解できるように細木数子氏が再構築した統計学が六星占術といわれてます。

六星占術は細木数子(和子ではありません。)が発案したものです。テレビや雑誌で見ない時は無い程頻繁に登場する占いの一つです。六星占術は土星・金星・火星・天王星・水星・木星に分けられておりさらに、干支で+と-に分類します。なので合計12種類のパターンに分類出来ます。自分の運命星を調べるには占命盤と計算が必要になるのですが、いまひとつ分かりにくいと感じチェックフォームを作成しました。今や六星占術は細木数子氏を離れ占いの一つとして定着しています。

プラス要素 六星占術キャラクター

闇の中より生まれし幻獣達が六星占術の星人達の魂を乗っ取りました

六星占術において星の持つ性質がハッキリ出るのがプラス、少し柔らかく出るのがマイナスの特徴です。六星占術の相性を診断したい場合は、六星占術の相性鑑定ページからどうぞ。

土星人+(プラス)

土星人+(プラス)

ワイバーン
土属性。他人に比べて独創的な発想をするドラゴン。温厚で平和主義。
金星人+(プラス)

金星人+(プラス)

ミノタウロス
光属性。せっかちなうえに行動的で合理主義。理屈に合わない事はやらないし、現実的なので手堅く勝利する。決断力と実行力で金星人の右に出るものはいない。
火星人+(プラス)

火星人+(プラス)

サラマンダー
火属性。マイペースでプライドを重視。本音を言えず人見知りなので初対面の人に対し警戒心が強い。
天王星人+(プラス)

天王星人+(プラス)

バジリスク
風属性。人との争いを好まず平和に生きたいと考えている。困っている人を見ると助けたくなる博愛主義者。現実的で愛情豊か。
水星人+(プラス)

水星人+(プラス)

リヴァイアサン
氷属性。お金を稼ぐ力が強いが利己的である。生まれつき華やかで個性的。意思がとても強く初志貫徹し冷静である。
木星人+(プラス)

木星人+(プラス)

ガーゴイル
闇属性。平和主義で安息と静かな環境で生きる。主役よりも2番手の参謀役に向いている。
スポンサード リンク
有名占い師がガッツリ鑑定!
笑うほど運気がグングンあがる開運グッズ!

マイナス要素 六星占術キャラクター

土星人-(マイナス)

土星人-(マイナス)

ワイバーン
土属性。子供ができると仕事に身が入らないほど溺愛してしまう。一発逆転よりもコツコツ安定志向。
金星人-(マイナス)

金星人-(マイナス)

ミノタウロス
光属性。奇抜な発想を持ち、決断力と行動力に長けているファッションリーダー。
火星人-(マイナス)

火星人-(マイナス)

サラマンダー
火属性。独自の世界観を持ち、他人に影響力を持つ時がある。
天王星人-(マイナス)

天王星人-(マイナス)

バジリスク
風属性。明日を考えいつも夢見るロマンチスト。独特のムードを持つ。
水星人-(マイナス)

水星人-(マイナス)

リヴァイアサン
氷属性。強運であらゆる困難を乗り越えていく。挫折に強い。
木星人-(マイナス)

木星人-(マイナス)

ガーゴイル
闇属性。理詰めでコツコツ計画を立て努力する。几帳面で細かい。
スポンサード リンク

六星占術の相性早見表

六星占術における各星人の相性です。数値が大きいほど相性がよくなります。スマートフォンの方は横方向へスライドしてご覧ください。

運命星 土星人 金星人 火星人 天王星人 木星人 水星人
土星人 60 100 20 60 60 60
金星人 100 40 80 100 60 80
火星人 20 80 40 60 40 60
天王星人 60 100 60 40 100 60
木星人 60 60 40 100 20 60
水星人 60 80 60 60 60 40

夜の性質

相性といえば夜も気になるところでしょう。夜はどういった一面を持っているのか簡単に考察してみました。

土星人
真面目なフリをしているが、本当は誰よりもムッツリスケベである。真剣な表情で、とんでもないことを妄想している。
金星人
まるでスポーツ、わりと開放的。後腐れ無く楽しみたいタイプである。おおらか過ぎて相手が落胆することもある。
火星人
一見体力がなさそうだが、実はブルドーザーのようにスタミナがある。1回だけでは飽き足らず、何度も求めるのでパートナーが困ってしまうこともある。
天王星人
意外とどんな時でも、どんなプレイでもOKなところがある。持久戦が多いので相手が疲れて寝てしまうかもしれない。
木星人
長年付き合っても、焦(じ)らしテクニックと羞恥心を失わないタイプなので、結婚相手にとって嬉しい限り。結婚後も夜は一安心。
水星人
とにかく「攻め」の一言で、テクニックの方は堂に入っている(物事に習熟していること)と言わざるをえない。アフターケアも抜群である。

六星占術の12周期を解説

循環
周期の図

十二年周期に割り当ててある運気は、良い年、注意すべき年(小殺界)、少し悪い年(中殺界)、危険な年(大殺界)に分かれます。周期の危険水域に突入したら、少し慎重に行動するとよいでしょう。

種子(運気回復)

この時期に始めた事は将来において為になる事が多く、今まで落ち込んでいた人も運気が好転し始め回復の兆しが見え始めます。人生において大切な決断をする時にも良いですね。

緑生(運気上昇)

文字通り緑の芽を出すように、力強く成長し始める時です。種子である間にエネルギーを蓄えていたからこそ芽を出す事が出来るのです。しかし緑生時はまだ十分に実っていないので注意散漫は怪我のもとです。

立花(重要な時期)

花が咲くという事は、木であるあなたの見せ場が発生するという時期です。六星占術の中では活躍の時にあたります。この時に決定した事柄はひょっとすると一生を左右することになるかもしれません。

健弱(小殺界)

ストレスや疲れが蓄積しやすく体調不良に陥りやすい時です。この年に無茶な行動をすると裏目に出やすいので慎重に行動すべきでしょう。

達成(目標達成)

とうとう来ました!あなたの望む願いがとうとう叶う時期です。恋愛・結構・仕事・お金など普段叶って欲しいと思っている事が不思議と達成されていく素晴らしい年です。

乱気(中殺界)

達成年から一息つく時期です。あなたの頑張りが今ひとつ報われない時。いわゆる中だるみに突入しますが、長い夏休みだと思って一段落しましょう。

再会(充電期間)

これまで漏電していた運気を蓄積し、爆発的な力を蓄える時期です。エネルギーが充満しているので何か新しい事を始めても良いですね。

財成(金運上昇)

その名のとおり経済的に豊かになります。不景気だと尻込みせずに行動がお金になると信じてアグレッシブに動いて下さい。六星占術の時期で一番お金が入ってくる可能性があります。

安定(充実感)

精神的にも経済的にも力が満ち溢れている時。六星の時期中で最も繁栄すべき時期です。この時期に思うような結果が出せない人は、根本的な考え方を変える必要があります。

陰影(大殺界の初)

何もないのが非常に不気味。大きな異変が起きる前兆があります。そして徐々に暗雲立ち込め、身動き取れない恐怖の時期が近づいてきます。想定外の出来事が起こる可能性大です。この時は無茶をせずに慎重に物事を進める事をおすすめします。

停止(大殺界・八塞がり)

青天の霹靂。嵐の前の静けさが終わり、いよいよ無慈悲な暴風雨到来です。不気味なレクエイムが流れ始め、スリリングでエキサイティングな年!これまで蓄積していた報いを精算する時。この時ほど因果応報を感じる時はないでしょう。人によって被害の大きさが極端に変わります。全く報いを受けない人もいます。いずれにしても大殺界が終わるまでもう少しです。

減退(大殺界の終り)

朝が来ない夜はない、陽はまた昇ります。とうとう大殺界が終わる時期です。暗雲から一筋の光が見え始めてきます。

おすすめ記事