財運線と金運 - 手相

財運線

財運線は財力、金運を表す金運線である

小指の付け根の水星丘あたりに出る金運を表す相です。とくに商才、お金への執着心、管理能力を見ることができます。1、2本太い線があれば財に恵まれる理想的な相です。濃くはっきりと刻んであればお金の心配はいらないでしょう。乱れのない1本の線であれば財運に恵まれた人です。節約も出来てお金の運用も上手です。

薬指の下の太陽丘に近いのであれば節約より投資タイプ。財運線がなければ、稼げないという訳ではなくお金に執着がない、もしくは悩んでいない状態です。

細い線が複数ある

手のひらに顔を近づけて、ようやく見えるような細い線が何本もあれば浪費家タイプです。切れぎれになっていれば、経済的にピンチだと考えているようです。お金の出入りが激しく資金繰りが安定しません。お金の出入りが安定しだすと太い線ができてきます。

スポンサード リンク
有名占い師がガッツリ鑑定!

生命線から伸びる財運線

生命線から伸びていれば努力により財産を築くようになります。知能線から繋がっていればビジネスセンスがあり、成功するかもしれません。

太陽線から伸びる

太陽線から分岐していれば社交性による財の獲得を示します。この線があると社会的成功を勝ち取る事が出来ます。

運命線から伸びる

運命線から伸びていれば、ビジネスを起こしたり、ライセンス契約を結んだりなど、仕事によるお金の流入があります。

財運線が薄い、途切れている

現時点でのお金の状態をあらわすので、収入次第で変化していく手相です。現在のお金満足度により線の濃淡が変わります。またお金への執着心が強くなると濃くなってきます。

薄く切れ切れだと浪費癖があります。何本もあれば尚良いでしょう。真っすぐな線だと金運良好、くねくねだと苦労します。