生命線 - 手相

生命線

生命線の概要

生命線は親指の金星丘の周囲を囲むように伸びる手相3大線の一つです。生命線は健康状態・スタミナ・病気・事故・寿命など生命に関係する事柄を知ることができます。金星丘の面積が大きく、そして盛り上がるほど活気・体力があります。親指から離れるほど長生き、はっきりしていると健康です。生命線の長さ・濃淡・太さ・位置などを見て判断します。

生命線の流年法

親指側を起点として0歳、手首側を終点として90歳、中心が40歳から50歳を見やすにします。

生命線には結婚・独立・事故など人生のイベントが表れてくることがあります。生命線を起点とする線で、人生の岐路を判断することもできます。上図の流年法を使って時期を知りましょう。

生命線の濃淡

生命線が濃く太いと積極的で活力があるタイプ。免疫力が高く大きな病気になりにくい体質です。薄い人は体力がなく、何事においても自信がないタイプ。

生命線が長い

生命線が長い人は活力があり健康です。小指側に向かって弓のような形になると体力が上昇しますので、大食いになり太る可能性が出てきます。生命線が長くても内蔵に負担をかけるような食事、肉・糖質の過剰摂取をすれば当然のことながら体を壊しますので注意が必要。

生命線が短い

ストレスの影響を体に受けやすいので、病気に気をつけるべき相。だからといって短命というわけではなく、普段の食生活や健康管理を正しく行えば長寿になる人もいます。

生命線が切れ切れ

メンタルが弱く、物事を最後までやり遂げるための精神力と体力不足になりがち。明確な目標を持ち、最後までコツコツとやり遂げる習慣を持つと、生命線がつながってくることがあります。

生命線が途切れている

空白の部分を流年法でみて、だいたいの時期を予測した後、その年齢の期間中は危険な言動は慎みトラブルを回避しましょう。途切れているときに、確実に何か起きるというわけではなく、運気が少しだけ低迷するだけかもしれませんので、あまり気にしなくても問題ありません。

生命線に島がある

生命線を区切る鎖の輪のような形の島がある時期は人生の充電期間。内蔵にダメージが蓄積され体力が衰えたり、対人関係によるストレスが集中しやすいので適度な休息をしましょう。

生命線が二重になっている

生命線が二重になっている人は、生命力が高くなり内臓器官も丈夫です。

スポンサード リンク
有名占い師がガッツリ鑑定!