五行占い

西暦

五行占い-各性質の意味

スポンサード リンク
有名占い師がガッツリ鑑定!

木:万物を成長させる気を意味し、全ての木製品を指します。
火:万物を旺盛させる気を意味し、火と発熱物、光を指します。
土:湿った気を意味し、土と土の作用、万物を育て腐敗させる作用を持ちます。
金:鉱物全般と金属製品を指します。
水:水と液状のもの全てを指します。

良い相性(相生)
水と木:木は水を吸収し大きくなります
木と火:木はこすり合わせる事で火を発火させます
火と土:火で燃えた物は土に還ります
土と金:土の中に金が存在します
金と水:金が冷えると水を生成します

悪い相性(相剋)
水と火:火は水に消されます
火と金:金は火で溶けます
金と木:木は金属に切られます
木と土:土は木に養分を吸収されます
土と水:土は水を汚し流れを塞き止めます

木星、火星、土星、金星、水星の五つの惑星が私達の住む地球の周囲には存在します。これらの星の持つ五つの気が地球に様々な影響力を及ぼすとされている考え方を五行説と言います。これらは他の東洋占術や漢方にも広く応用されています。

木=春、火=夏、金=秋、水=冬と分類されます。これらの中に良い相性(相生)と悪い相性(相剋)が存在します。この概念は古代中国に生まれました。木は水を吸収し大きくなり、木は燃えると火を発生させ、燃え尽きると土になります。土は金を抱え、金が冷却されると水分を発生させ、水は木を育てます。この様に五つの物は自然界で循環しています。

五行占いのルーツは中国にあり、その思想とは、この世に存在する全てのものは5つのエレメントにより構成されており、水金木火土が巡り巡って進化していくという考え方です。生年月日であなたの性格・今後の未来などを解析していくもので、どちらかというと統計学に近いものだと言えるでしょう。当時の古代中国では存在する全ての万物は陽と陰との性格を持つという考え方が一般的でした。この五行の考え方は現在まで引き継がれて、未だカレンダーや干支などに強く影響を与えています。五行の的中率の高さやミステリアスな部分は、いつの時代も私達の生活に深く関わり、魅了してきました。他の占いのルーツをたどれば五行にあたるという事も多いのです。