Uranai007.Com

結婚線 - 手相

結婚線

結婚線の見方

女性であれば必ず一度はチェックするであろう結婚線。小指の付け根ですが、手のひらとこうの中間位の場所にあります。

時期

結婚線が濃くなってきても、恋愛か結婚の時期が近づいてきています。さらに結婚線が赤くなっていれば婚期直前、電撃結婚もありえます。そして小指に近く、急角度で上昇していれば晩婚かも。結婚線が太陽丘(薬指の下)まで伸びていれば玉の輿のチャンス!太陽丘まで届かなくても真横に伸びていれば子宝に恵まれます。結婚線が複数あればさらにアグレッシブで、どこに行っても恋を探してしまう人ですが、自分から探さなくても他の人に比べて多くの出会いがあるでしょう。

年齢

成功を示す太陽線に交差する様に出てきたら、玉の輿にのれる。感情線と小指の中間が30歳位と考えて、感情線の始点が0歳。小指側は老年で感情線側が若年。中心が30歳、感情線側から4分の1位が20歳過ぎです。

結婚線が2本ある

両手の手のひらを合わせて二つの結婚線があれば二回結婚する可能性があります。線自体なければ結婚の必要性を感じていないのかも。線が横に長いほうが子供ができやすいかもしれませんね。

結婚線が沢山あると沢山の縁に恵まれる事を示します。色つやが良ければ良い結婚をする暗示でしょう。線が先で二又に分かれていればセックスレスになる。途切れていると離婚の危機がある。

相手の手相:結婚線が人差し指下の木星丘まで伸びていれば頼りがいのある人です。知能線にくっついていれば遊び人という事なので結婚相手には向いてません。中指まで伸びていれば異常に嫉妬深い人です。

手相一覧
特設!運気が分かる手相(補助線)の見方
恋愛や結婚に関する手相
スポンサード リンク
こんな人とお友達になりたい!強運な手相
人間性に関する手相
最低限知っておきたい基本的な手相